memorium
メモを集めたblogメモリウム 【映画感想はネタバレ有ります。ご注意ください】
movie

『太陽は動かない』ネタバレ付き感想

概要

「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一のスパイアクション小説「太陽は動かない」「森は知っている」を藤原竜也主演で映画化。謎の秘密組織AN通信。この組織に属するエージェントは心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫まるという。エージェントの鷹野は相棒の田岡とともに、死の危険を抱えながら「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐって、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を繰り広げる。鷹野役の藤原、田岡役の竹内涼真のほか、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、佐藤浩市、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎らが脇を固める。監督は「海猿」「暗殺教室」「MOZU」など数多くのヒットシリーズを手がける羽住英一郎。

2021年製作/110分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

キャスト

  • 鷹野一彦:藤原竜也
  • 田岡亮一:竹内涼真
  • AYAKO:ハン・ヒョジュ
  • デイビッド・キム:ピョン・ヨハン
  • 山下竜二:市原隼人
  • 菊池詩織:南沙良
  • 鷹野一彦(高校時代):日向亘
  • 柳勇次:加藤清史郎
  • アンディ・黄:翁華栄
  • 小田部菜々:八木アリサ
  • 小田部教授:勝野洋
  • 河上麻子:宮崎美子
  • 河上満太郎:鶴見辰吾
  • 風間武:佐藤浩市

簡易あらすじ【ネタバレあり】

主人公である鷹野と相棒の田岡の所属する「AN通信」は日本の諜報組織。諜報員は秘密を守るため、全員小型の爆弾を埋め込まれ、24時間以内に本部に連絡しなければ爆弾を起動され、死んでしまうという過酷な立場にいます。一番初めにその危機に見舞われるのは山下。開始早々からアクションシーンが続きます。舞台であるブルガリアの風景が新鮮です。

山下を追っていた相手を調べる鷹野と田岡の二人、どうやら中国の大手企業の黄社長が怪しいと突き止めます。その黄社長に近づくため訪れたウィーンでAYAKOとデイビット・キムと出会います。この韓国美女とイケメンは似たような立場なのか?敵なのか?分かりません。

鷹野の過去へと遡ります。高校時代離島に住んでいて、ここで親友の柳や詩織との仄かな初恋について描かれています。詩織役の南沙織さん、儚げで可愛らしいくて好印象。キムとはこの頃から因縁がある様子。

現代へと戻り、黄社長の追手に捕まる鷹野、あわやというところで田岡が助けに来ます。かっこいい。

手を組みインドへと飛んだAYAKOとキムは、全く新しい塗料を発見した少年と会います。これがあれば従来より桁違いの発電量を作り出すことができるようです。

ブルガリアの大学では、日本に嫌気を差し国を出た小田部教授が教鞭を振るっていました。彼しか知りえない情報を目当てにキムは教授の娘に近づき、また彼をロシアに引き渡そうとします。それを阻止しようと鷹野と田岡の二人がモスクワ行の列車内にて奪還に挑みます。ところが小和田親子は貨物船へと連れ去られ田岡も捕まってしまいます。

ここでまた過去へと戻ります。鷹野のネグレットによる凄惨な過去、冷酷なように見えて愛のある上司風間とのエピソードが描かれます。鷹野が詩織や田岡に言った「一日だけでいい、今日を生きろ」という言葉はここで風間に伝えられたものでした。

3人ごと船を沈まされそうになったところに駆けつけた鷹野。小田部教授親子は繋がれていた場所から海上へ逃がせたものの、田岡はきっちり縛られていてなかなか助けることができません。少年時代に助けられなかった弟と田岡が重なります。諦めを見せる田岡に対し必死に鎖を外そうとする鷹野。ついに田岡を連れて甲板に出た鷹野ですが、脱出用のボートがありません。そこに表れたのがヘリに乗ったキムでした。ライバルではありますが、あんがい爽やかでお色気に弱い憎めない奴です。

最後のキムのセリフ、少し聞きずらいのですが大切な伏線回収になっているので、 注意して聞いてみてください。

感想【ネタバレあり】

事前に知っていたのは主演の2人の名前と、海外ロケのアクション邦画という点だけでした。当然、原作もWOWWOWのドラマも未視聴でしたが、所々説明もあり十分楽しめました。 藤原竜也さんは『カイジ』のイメージでしたが、予想以上のアクションシーンで完全に上書きされました。 竹内涼真さんは全くの初見ですが色気というか雰囲気があって良い俳優さんだと感じました。 ハン・ヒョンジュさん美しいスタイルでアクションも決めてましたが、AYAKOではなく韓国女性の名前で良かったような気がします。エンドロール中に流れる楽曲がまた作品に合っていてKing Gnuと知り合点がいきました。

アクションだけではなく合間にドラマが挟まれているので見終わった後ぐったりしてしまう疲れはありませんでした。ハードすぎる残忍なシーンもないので女性にも安心です。海外を舞台に繰り広げられる、新時代エネルギーを巡る各国とのハラハラドキドキの展開を、ぜひ映画館で観てもらいたいです。