memorium
メモを集めたblogメモリウム 【映画感想はネタバレ有ります。ご注意ください】
movie

『シャーロック』映画化決定!

ドラマで放映されていた『シャーロック』が映画化となるようです。

ディーン・フジオカ岩田剛典EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が共演した2019年のドラマ「シャーロック」が映画化。「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」のタイトルで、2022年に公開される。

左からディーン・フジオカ、岩田剛典。

左からディーン・フジオカ、岩田剛典。

アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案にしたドラマ「シャーロック」は、現代日本を舞台に、犯罪コンサルタントの誉獅子雄(ほまれししお)と元精神科医の若宮潤一がバディとなって事件に挑むミステリーエンタテインメント。ディーンが獅子雄、岩田が若宮を演じた。ドラマの終盤では、獅子雄と宿敵の犯罪者・守谷壬三が対峙。続いて放送された特別編では、シリーズ最終話で死亡したと思われていた獅子雄が、3年ぶりに若宮のもとへ戻って来るさまが描かれた。

「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」では、「シャーロック・ホームズ」シリーズの長編「バスカヴィル家の犬」のストーリーがモチーフに。同作が日本で映像化されるのは今回が初となる。劇中では、獅子雄と若宮が再会後、再びバディとして事件の依頼を受け始める。そして若宮のもとに、日本有数の資産家から、娘の誘拐未遂事件の犯人捜索の依頼が舞い込むが、その直後に資産家が変死を遂げてしまう。真相を探るため、瀬戸内海のある島に降り立った2人は、癖の強い一族の面々や怪しき関係者たちと出会う。“人を襲う不気味な魔犬”の伝説がささやかれるその島で、若宮に絶体絶命の危機が迫ることとなる。監督を務めるのは、ドラマシリーズの演出も手がけた「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。ドラマ版と同じく東山狭が脚本を手がけた。

この発表にあたりディーンは「謎解きはもちろん、人間の複雑な感情のやり取りや悲しい運命の物語があってとても深く心に刺さると思います。ドラマから応援してくださっている方々には、獅子雄と若宮の二人の関係性の変化や獅子雄の新たな一面を見ていただけるかも!?」とコメント。そして岩田は「久しぶりに若宮のキャラクターを演じることが出来て、撮影は本当に楽しくてあっという間でした。映画での若宮は、泣いたり笑ったり照れたり走り回ったり叫んだりと色々あってテンコ盛り(笑)ドラマでは見せられなかった若宮の側面が見られると思います」と話した。

「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」は全国東宝系の劇場で公開。

引用:映画ナタリー

ドラマ版のおさらいはFODでどうぞ。